ブロガーであるスルメが書きたいことを書くブログ

【サウンドノベル制作奮闘記】おれはどうしてもサウンドノベルが作りたいんだ編

どーも、スルメです。

最近とっても思っていることがあります。

サウンドノベルがやりてぇ!!!

いや、そりゃもう切実にサウンドノベルがやりたいんですよ。もうどうしようもなく!

でもゲーム屋とか行くと、大体プレイしているんだな。これが。

『428』に『街』に『弟切草』『かまいたち』…。それっぽいものは大抵やっているんですよ。

つまり新しいサウンドノベルがプレイしたい!ってことでして。

 

サウンドノベルってなくね?

そもそも皆さんサウンドノベルって覚えてます?

ノベルゲーじゃなくて、サウンドノベル

明確なジャンル分けは私もよく知りませんが、『シュタゲ』がノベルゲームで『428』がサウンドノベルだと解釈しています。

こういうのと(シュタインズゲート)

 

こういうの(428 封鎖された渋谷で)

 

そもそも「サウンドノベル」という名前自体がチュンソフトの商標らしいので、チュンソフト以外のゲームはノベルゲーに分類されるのかもしれない。

で!そのサウンドノベル。『真かまいたち』とか『428』以降、全然作られてなくね?

いや、お金がかかるのは100も承知なんですが、実写のサウンドノベルを開発して欲しいんですよ。

なんなら実写じゃなくてもいいから、新作を!という気持ちが5年ほど前からあったのですが、さすがにもう待てん!

 

そんな時にふと思い立ったんですね

そっか。出ないなら俺が作ろう!

(ここから本題)

サウンドノベル制作奮闘記

 

とは言っても、俺ゲームなんか作ったことねぇ…

 

それに加えて

  • プログラミング1㎜も分からん
  • シナリオなんてほとんど書いたことがない
  • パソコンの技術すら危うい
  • 金もない

と、こんな感じで私にはゲーム制作に必要なものすべてがありません!

「そんな簡単に作れるものじゃない!」と言われそうですが、そんなこたぁ分かってるんですよ。

でも何もない状態から作ることが楽しいんじゃないか!と思うわけですね。

とりあえずの目標

まずは完成させる作品をある程度イメージしなきゃ話になりません。

今のところ考えているのは

  • クリアまで20分程度
  • 自分一人で作る
  • ルート分岐は少なめに
  • 使うお金は0円

この辺です。

ハードルが低すぎるって?

低いハードルじゃなきゃ乗り越えられんでしょうが。何言ってんだ。

こういうのはまず1本形にしなきゃダメなんですよ
そのあとノウハウを使ってさらに作っていくかは、その先に考えます。

そしてゴールはandroidやiOS用に配信して、この記事を読んでくれた人もプレイ出来るようにすることです!

中身はあまり期待しないでください。

「0からここまでやったぜ!」っていうのを大事にしていきましょう。

何から始めようか?

ゴールが決まったところで、そもそも0の俺に何が出来るのか?を考えます。

まぁどうやって作るかは学んでいくしかないのですが、調べてすぐにピッタリのソフトを見つけました。

ティラノビルダー!!

これ制作者の方なら余裕で知っているのでしょう。

新時代のノベルゲーム開発を体験してください。完全無料です

ティラノビルダーは無料で使用できます。商用利用にも制限はありません

ティラノビルダー

この文章に惹かれて決定したことは言うまでもありません。

その上、制作完了後はAndroid・iPhone用にアップロードできるらしいと。

こんなに素晴らしいソフトが無料って良い時代になったものだな!

 

このソフトに課しては使い方もYouTube上にアップされていたりするので、分からなくなっても何とかなるかなと。

ブログ作った時も動画編集始めた時も同じような流れだったので、今回も出来るハズ!

完成までにかかる時間

現在はソフトをダウンロードして少し使っただけ。
まだシナリオなんてものは1文字も書いていません!

お金がないんでシナリオライターなんて雇えないし、ネットを見れば比較的安い値段でやってくれる人もいるようですが、自分で書いた方が良いでしょう。知らんけど。

ってことでこれからの流れをザっと書くと、

 

ティラノビルダーを使えるレベルまで学ぶ

出来ることが分かったらシナリオを考える

シナリオが完成したら、ゲームに打ち込む

見直しやデバック作業

完成!

 

とこうなるわけです。

つまり私の仕事のことも考えて、早くて数ヶ月と見ております。

その他ルート分岐とかTIPSとかも作るならば、ある程度時間がかかりそうですね。

本当は「428」みたいな他人同士が関係しあう群像劇を作りたかったんですけど、今の技術じゃどうにも…。

ってことで気長にやっていきます。

 

まとめ

作業過程とかも含めて記事にするつもりなんで、テキトーに読んでいただけると嬉しいです。

あと普通に途中で飽きることもあるから、

コイツ全然サウンドノベルのこと書かねぇな~

と思ったら、たぶん飽きてるか挫折してますw

 

以上!!!