ブロガーであるスルメが書きたいことを書くブログ

花粉症で最も辛かった記憶ベスト10! 花粉症じゃないだけ君は幸運だ!!

 

おはよーございます。スルメです。

 

花粉症辛くないですか?

もう2月も終わりに差し掛かってきて、ようやく冬が終わると思ったのに。

マジで俺が何したんだ?ってスギに問い詰めたくなりますよ。

 

本当に花粉症じゃない人は幸せ者です。だって毎年2月後半から5月まで、平和に過ごせるのですから。

花粉症になると1日で30分くらいはずっと鼻かみ続けてるんですよ?

鼻のムズムズや目のかゆみが気になる時間を入れたら、1日で約5時間くらいは損している気がします。

 

私は小学3年生から花粉症なので、今までで約4500時間くらい花粉に悩まされてる計算になりますね。

日数だと半年。わずか15年でこれなんで、私が80まで生きるとすると、一生で21600時間は花粉と格闘している計算になるワケで。

日数にすると900日……。人生辛いぜ。

 

ならばせめて「花粉症の経験は無駄だけじゃななかった!」と思えるよう、記事にしてしまおうと。

第一弾はレーザー治療した記事を書いたんで、花粉症の方はぜひ!

関連記事

  毎年2月後半に差し掛かると鼻がズビズビになる・・・ スルメです!   花粉症の方なら分かっていただけると思うのですが、本当にスギの野郎ゆるせないっす。 スギというより、生み出される花粉と[…]

 

ということで、今回は私が最も辛い花粉の記憶をランキング形式で紹介いたしますw

いやぁ、相変わらずのクソ記事ですいません。サラっと最後までご覧ください。



花粉の辛い記憶BEST10!

 

書いてるだけで鼻がムズムズする……。

ファントムペインの一種として捉えていいですか?

 

10位 風と共に去らぬ

 

中学生くらいの時、友人の家に遊びに行った際の出来事です。

ソイツは花粉症じゃないんですけど、意外に気を使ってくれて、室内を喚気しておいてくれたんですね。

 

ん?換気??

それって窓開けただけじゃね?外並みに辛くね?

 

そして友人の優しさに花粉が積もり過ぎてるとも言い出せず、くしゃみと鼻水を我慢しながらスマブラやってましたw

今思えば楽しかったけども、当時は割とイライラした思い出が。

 

花粉症でない選ばれし方々も、花粉症の人が家にいる時は喚気は控えましょう。

そして空気清浄機があれば、ガンガンに回して欲しいのです。

 

9位 クシャミを止めるな!

 

小学生の時はなぜか授業中にクシャミをするのがめちゃくちゃ恥ずかしくて。

休み時間とかガヤガヤしている時なら良いんですけどね。

基本陰キャなんで、目立つ行動はしたくなかったのです。

 

それなのに……花粉のヤツが……。

こんな大人しそうな子供をいじめる必要ないだろうが。もっとガキ大将みたいなヤツを襲ってくれよ!



8位 ニュー・ポーレン・パラダイス

 

花粉の猛威は映画館にも……。

私は映画ブログも運営しているので、週1以上は必ず映画館に行きます。

密閉されているはずのしあだーでも、なぜか空中を漂う花粉。観客の衣服について持ち込まれるのでしょうか?

 

映画に集中できないというのは死活問題。記事書けなくなるからね。

一応マスクしているのですが、息苦しくて頭がボーっとするから結局って話でした。

 

もし映画館でクシャミしている方がいても許してあげてね。

その人たぶん花粉症だから。

 

7位 ヒノキたちの沈黙

 

スギだけでなく、ヒノキ花粉も持ち合わせている私。

この記事を執筆している現在はまだ飛んでいませんが、3月終わりに入ると花粉症が悪化します。

それがヒノキ花粉スタートの合図。もはや花粉を感じる特殊能力もってるわ。

 

タイトル通り沈黙してくれれば良いんだけど、わんさか飛びまわるからな~。

しかも頭に直撃するようなアレルギー反応が出るんですけど、これの正体ってヒノキですよね?

鼻水よりも頭痛とか、のどの痒みが多い気がする。つまり辛い。

 

6位 花粉の島

 

大学生になってから、海外旅行に行く機会が多くなったんですね。

で、私は寒いところ大嫌いなんで基本的に暖かいところに行きます。

するとね。花粉がないんだよ!!

衝撃的なことを知ってしまいましたw

 

でも問題は日本に帰ってくるとき。

日本に着くとね、待ってましたとばかりに花粉が飛びかかってくるんですよw

もうね、花粉の声が聴こえるよ私は。「お前が帰ってくるの待ってたぜーー」って。

 

数日ぶりの花粉は身体が慣れていないのか、めっちゃつらい!!

涙も出るし、鼻水も出るし、顔面のいたるところから水が出てくるw

 

5位 ハナミズ

 

これは私が某回転ずしチェーンでバイトしていた頃。

キッチンで働いていた私は基本マスクをつけていて、ひたすら大嫌いな寿司を作らされていました。

 

普段から魚臭いし、汚いしで嫌いだったキッチンが花粉の時期はさらに悪化。

鼻水が出ても忙しくて拭きに行けないし、手は魚触ってるから不用意に顔触れないし……。

他にも花粉症の人が相当数働いていたので、花粉の時期のキッチンは地獄絵図でしたw

 

そんな環境で3年半もバイトしてたからね。我ながら我慢強いと思う。



4位 味立ちぬ

 

私が中学を卒業する時、親戚がフレンチに連れて行ってくれました。

とっても嬉しかったのですが、卒業シーズンなんで当たり前のように花粉が飛んでいる季節。

そう、鼻づまりです。

 

花粉の時期って大体味が分からないまま、食事しているんですよね。

それがもう本当に辛くて。食べること大好きだからさ。

フレンチの時も半分は味を想像して食事してましたw

せっかく連れて行ってくれたのに、ごめん。

 

3位 グッドモーニング、アタック

 

「モーニングアタック」と呼ばれる症状があります。

目覚めの時が一番花粉つらいって方はいませんか?それは恐らくモーニングアタックの影響です。

起きると今まで積もっていた花粉が宙を舞うんですね。

目覚めから花粉の洗礼を受けるという、最悪の朝になります。

 

これが本当にひどくて……。

朝とか対策は何もできないからどうしようもない。

クシャミで起きることとかもあって、一日のはじまりが憂鬱になります。

 

2位 藪ひげ

 

※怒りの体験談になります。長いと思う方は読み飛ばしてください。

 

最近はほとんど通わなくなった私。

薬が効かないから基本的には耐えてるんだけど、あまりにも辛い年があって近所の耳鼻科へ向かいました。

そこは案の定、地獄絵図!花粉に悩める患者と、絶対花粉症じゃない老人ばかり。

 

おおぅ。そうだった。これが”シーズン中の”耳鼻科だった……。

 

空気清浄機もない待合室。家の方が確実に清潔な空気なのに、薬の効果に期待して診察を待ちます。

1時間ほどで診察室へ。初めての先生でちょっとドキドキしていた私。

そして鼻をクイってやられて、鼻の奥を除かれる……!あ、ちょっと恥ずかしい。

 

先「あ、これは花粉症ですね」

私「そんなことは分かっとるわ。薬くれよ薬」

 

そんなスムーズなやり取りのあと、受付で提示された金額が

\4000

 

え!?鼻のぞいただけじゃん!!何にそんな金かかるの?「花粉症ですね」しか言わなかったやん。

俺の片鼻でそんな金額取られるなんて……。

 

結局薬は効かず、辛さも変わらず。ただ財布の中身が軽くなっただけでした。

そこの耳鼻科は私の知り合いも、後にヤブだと語っています。花粉関係ねぇ!!

以上!!!

 

1位 花粉で部活やめるってよ

 

忘れもしない中学1年の3月。

当時バスケ部に入部した私は毎日キツすぎる練習を続けていました。

ただでさえ体力ないのに、我慢強さだけで一年間やってきたのですが、ついに花粉シーズン到来!

 

基本的に口呼吸しかできなくなり、集中力も散漫。常にハァハァしてる男がそこにいました。

薬飲んでも効かないし、練習も辛いしで、マジで鬱になりそうだったのよ。

 

結局2年目の3月に退部しましたけどねw 引退2か月前くらいに。

理由はただ単にコーチがうざかったから。皆で辞めてやろーぜって共謀して退部しましたw

花粉も5%くらい理由になっているんで、タイトルは詐欺ではありません。



まとめ

・とにかく花粉症は辛い!

・花粉症じゃない人は幸運の星の元に生まれている

・なるべく花粉症患者を労わってほしい

最後のは完全に願望ですw ごめんなさい
たかが花粉症だろとか言うヤツいるけど、マジで辛いから!!
治せるなら持っているモノなら何でも捧げるよ。
花粉症治さなくても良い。せめてスギとヒノキの量を減らしてくれ!!
以上!!!