銀座フレンチ「Restaurant Air(エール)」のランチ行ってきたよ

というわけで、銀座はEXITMELSAにあります「レストラン エール」にやってまいりました。

ここはですね。若きシェフによる独創的なフレンチがいただけるということで。

フレンチラバーな僕といたしましても、外すことができないレストランです!




メニューと料金

メニュー

今回はランチでうかがわせていただきました。

ランチでもメニューは「シェフのおすすめコース」のみという潔さ!

おそらくアレルギーなどがあればカスタマイズ可能ですが、基本はおすすめの料理が提供されます。

で、2020年9月現在のメニューは

  • 六味-rokumi-
  • フォアグラ 奈良漬 おかきのメレンゲ
  • エール
  • 長崎県産烏賊 北海道産熟成インカのめざめ
  • 福岡県産スズキ パッションフルーツ
    長野県産フヌイユ 自家製メルゲーズ
  • 山形県産山形豚 茗荷
    水しぼりヨーグルト
  • クレープ 山梨県産桃 自家製ジャージーバター
  • お茶菓子 六味-rokumi-

の全8皿構成!

少しずつ味わえる量で、メインに行くまでに食欲がわき続けるベストな構成です。

※2020年9月のメニューです。メニュー構成は季節によって変化します。

ランチの料金

さてさて、気になる料金ですが、

・コースだけで1人6,500円です

もちろん、ここに税金・サービス料が入り、ドリンクもプラスされます。

結果的には1人10,000はしないくらいですかね。

僕はアルコールを飲めないので、少し安かったかもしれません。




レストラン エールを実食!

とりあえず、入り口をパシャリ

12時からでしたが、同じ時間に5組ほどが来店していました

店内に入ると、ウイルス対策のための検温&消毒があり、着席!

 

フレンチでは珍しいお箸が用意されています

 

ドリンクメニュー

ワイン、シャンパンからノンアルまで幅広く揃っているイメージです

僕はお得意のミネラルウォーター(ガスなし)を注文しました

 

料理の解説!

六味 -rokumi-

左側のガラス容器には人間が感じる六味を表現した、ジュレが入っています

そこに南部鉄器に入った丹沢のお湯(陳皮入り)を入れることでジュレが溶け、おいしいスープに!

かき混ぜることなく飲み干すので、お湯の味からジュレまでの変化が楽しめます

フォアグラ 奈良漬 おかきのメレンゲ

ムーズ状になったフォアグラと、レーズン、奈良漬け、おかきを混ぜたもの。

こちらは先ほど紹介したお箸でいただきました。

甘めの味付けで、フォアグラとの相性が抜群です。

エール

店名がつけられたスペシャリテ。

上にはとうもろこしのアイス。グラスの中にはコンソメやスモークされたマス、トマトソースなどが入っております。

これを長いスプーンでパフェみたいに食べるわけですね。

ぐちゃぐちゃして、味の一体感を楽しむ料理。たぶんコースの中で一番おいしかった。

長崎県産烏賊 北海道産インカのめざめ

やわらかいイカと、しじみで出汁をとったソース。

その下には「インカのめざめ」というジャガイモがあります。

添えられたハーブサラダと一緒に口に入れると、超うまい。

メイン 魚料理(スズキ)

スズキにパッションフルーツ、パイナップルミント、フヌイユ。

フヌイユはセロリっぽい野菜だけど、もっと万人受けする味をしています。

日本でも浸透して欲しい野菜のひとつです。

メイン 肉料理

低音調理された豚肉、茗荷にししとう、キュウリの浅漬けがのっています。

横に添えられているのはヨーグルトソース。

フレンチで豚肉メインって珍しい気もするけど、かなり上品な味。

デザート クレープ

右側のヨックモック的なヤツが、バターを使ったクレープ。塩味が効いていて、あと5本くらい食べたい味です。

グラスに入っているのが、ハイビスカスや桃のコンポートが入ったデザート。

クレープにつけて食べるのがいいみたい。

お茶菓子

アミューズと同じく、六味を表しているお茶菓子です。

左から順に、

酸味・辛味・苦味・塩味・うま味・甘味

辛味はマカロンなのに、マスタードが使われた不思議な味。何だかわからないけど、オイシイ。




 

まとめ

食事時間は2時間半くらいかな。

僕たちは4人で行ったのですが、かなり食べるのが早かったと思います。

感染症対策からかソーシャルディスタンスもしっかりしているし、そこそこ安心はできますね。

ドレスコードも厳しくないんで、かなり使い勝手のいいレストランです。

 

以上!!!